アーカイブ
カテゴリー
  • カテゴリーなし
Categories

    ■皮膚科の概要
    皮膚科とは主に皮膚の症状や病気を見る医療科目のことである。この科目では手や足、腹部、背中、などおよそ自分の目や鏡を使って見れる部分がその診療対象となっており、口を開けて視認できる部分もその範囲に加えられる。
    診療対象の皮膚が自分以外の人の目にも触れることから、美容のための医療施設も存在している。
    一般的な皮膚科においては、皮膚のできもの、アザ、蕁麻疹などの湿疹、アレルギー性皮膚炎などに対して治療を行う。

    ■皮膚科の治療
    皮膚科の代表的な医療としてアレルギーや肌の状態により発生するアトピーなどの皮膚炎、白癬菌が感染して発症する水虫、皮膚にできる腫瘍、巻爪等がある。
    アトピー性皮膚炎では皮膚の状態に応じて原因となるアレルゲンの回避、ステロイドの外用をすることが一般的である。
    水虫では白癬菌の種類により塗り薬や飲み薬を処方する。
    皮膚腫瘍においては肉眼やダーモスコープなどの拡大鏡を用いた診断、メスによる切除、患部を検査し良性・悪性の判断をする。巻爪では爪の矯正やテーピング、手術によって改善を目指す。

    ■美容皮膚科の医療
    皮膚の美容のために医療技術を使うのが美容皮膚科である。これは病気ではない状態の皮膚に対して医療を行うため保険診療の対象外である。
    主に医療用のレーザー治療器やヒアルロン酸注射などを使って美容効果を高めることが多くなっている。
    対象となるのはホクロ・アザ・シミ・そばかす・シワ、刺青(タトゥー)、脱毛などで、それぞれに照射して目立たなくしたり、新陳代謝を活発化させることで美白効果などを高めたり、ヒアルロン酸注射を鼻や胸、しわやたるんだ部分に行うことが主である。

    話題のサイト